教育方針

あかるくただしくたくましく

「あかるく・ただしく・たくましく」を教育理念として掲げ、70年余り、幼児の教育・保育に専念してまいりました。
すべての園児と教諭の心が通い合う教育をめざし、日々成長されていくお子様が「明日もゆめのもりに行きたい」「ゆめのもりが楽しい」と思って頂けるような教育現場作りを行なっております。

体験の多い幼少期を

幼稚園・保育園・こども園は、幼児がはじめて参加する社会の場であり、教育の場です。自我が芽生え始め、物事を理解する能力、物事を考える能力、身体能力等が活発になり始めます。

その大切な時期を有意義のあるものにする為、ゆめのもりこどもえんでは野菜採り・外遊び・音楽・英会話・スイミング・茶道・・などの様々な体験を通して、お子様の成長をお手伝いしていきます。

なんでも頑張れる子に

体操・音楽・絵画・英会話の授業には、専門の先生が入り指導を行なっています。音楽教育にも力を入れ、音楽の楽しさも学んでいます。
絵本を大切にしているゆめのもりこどもえんでは、集団読書・絵本作り・毎日の読み聞かせを通じて、絵本の楽しさや文字の読み書きも学びます。午後からは大園庭での外遊びを園児全員で行います。元気で明るく、何事にも頑張れる子をめざしています。

特別教育

ゆめのもりでは、色々なことを経験して、好きなことをとことん行います。すべての園児が平等に、そして「あかるく・ただしく・たくましく」育つように、未来を見据えた上で以下の特別教育に力を入れています。

水泳教育

水泳が嫌いな子には絶対にさせません。水泳が得意な子に育つよう、国体優勝経験者の指導の下、スイミングを行います。延長保育・夏期保育・サマースクールなどでも水泳教室を開催しています。(夏期のみ開校)

運動教育

運動の得意・不得意は3〜6才の時期に決まると言われています。それは、子どもたち自身が「やってみたい!」と言う気持ちになれるかどうかにかかっています。体操のプロフェショナルによるお手本と指導。子どもたちがかっこよくなりたい!と思えるような環境で子どもたちを運動が得意な子に育てます。

音楽教育

歌うことや、楽器をさわることが大好きになるように、感情豊かに育つように、音楽の時間をたっぷりととるのが、ゆめのもりの教育方針です。聞く・歌う・弾く・楽しむこと をバランス良く、みんなで仲良くチャレンジします。

芸術教育

大人が当たり前のように見える景色でも、子どもにとっては感動的に見えるものです。絵具・クレパスは、その感動的に見えたものや考えたことをカタチにできるツールです。絵を描くことが楽しい!そう思えるようにお絵かきと向き合います。

コンピュータ教育

パソコン・タブレット・スマートフォンなどを使うことが、今よりもずっと当たり前になる世代だからこそ、小さい頃から当たり前にIT機器に触れていくべきだと考えます。最新のダブレット端末を1人1台使用して、数字の概念や文字の書き方などを楽しく学びます。

英語教育

外国人講師とTOCSOL(児童英語教師資格)所持者による英会話を行なっています。幼少期に毎日シャワーのように英語を浴びることによって、その経験は将来実のあるものに変わることでしょう。

かず

数を扱う必要のない子どもたちは、通常の教育では、直感的には数というものを理解することができません。特別教育プログラム”ジーニアス”は、数の感覚を磨きます。数や算術を扱うことを楽しめるものにし、算数・数学の本質に触れ、数を楽しめるようにする為の教育プログラムを用意しています。

茶道

茶道の松尾流師範の先生に茶を通じて、和の心を学びます。また、お茶のお作法はもちろん、和菓子の食べ方なども学びます。日本文化の美徳とされる、わび・さび の心を学ぶキッカケになれば、と考えています。